神戸に佇む人気ブライダルリングショップ"piko kobe"を大特集

婚約指輪ショップ特集 Vol.1
BRIDAL JEWLRY PIKO KOBE KITANO
エンゲージもマリッジも女性にとってはどちらも大切。でも結婚準備にはいろいろ費用がかかるもの。そんなおふたりにご満足頂けるパックをご用意致しました。

オシャレな街に佇む人気ショップ「piko kobe」

異人館の街、神戸に佇むブライダルリングショップ「piko kobe」。1階から3階まですべてリングフロアとなっており、その規模は、関西最大級といわれているほど。多くの女性が大切な人と共に訪れ、二人の未来の“証”ともなるリングを購入していきます。店内は、モダンな空間が広がっており、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

特徴的な建物(店舗)は、有名建築家・安藤忠雄氏によって設計されました。店内は、ウッドと大理石が配されたモダンな空間が広がっており、“大切な一時”をかみしめながら、ゆっくりと、お気に入りの指輪を探すことができます。また、常時2,500点以上取り揃えており、豊富なバリエーションの中から、二人ならではのリングをじっくりと選べます。

こんな時は「piko kobe」へ、おススメシチュエーション。

大切な彼からプロポーズを受け、本格的に結婚式の準備をすすめるようになったら、ブライダルリングを探しに「piko kobe」へ。良質な空間が広がる店内で、二人ならではの指輪を選びましょう。1階から3階まであるので、何度訪れてみても、楽しそう!

婚活の必勝祈願も兼ねて、恋愛のパワースポット「piko kobe」に一人で訪れてみては。まだ相手がいない、あるいは、彼がいても結婚の予定がない人も、「気分」だけでも味わってみてはいかがでしょう?行動を起こしている内に、理想通りの“現実”になっていくかもしれません。恋愛のパワースポットで“幸せ”おすそ分けしてもらいましょう♪

「piko kobe」おススメリング厳選5選!

「piko kobe」のリングは、なんといっても種類が豊富。「piko kobe」から出ているリングブランドは20以上。一生に一度のリング選び、できるだけ失敗はしたくないですよね。そこで、おススメリング厳選5選をご紹介。それぞれの“ブランドコンセプト”に注目して、あなたならではのリングを選びましょう。

1. Princess Bijou

タイトル通り、「お姫様」がテーマのブライダルリング。「幼い頃からずっと夢みてたのは、王子様と一緒に鳴らすベル。祝福を受けて、誰よりも輝く私は、プリンセス。永遠に解けない愛の魔法を、薬指に願って」というのがPrincess Bijouのコンセプトです。まさに、“花嫁”を象徴したブライダルリング。幼い頃から憧れていた結婚式を間近に控える、「乙女心」を表すかのように、リングの輝きも大ぶり。種類は、「cinderella」と「bell of “12:00」の2種類から選べます。永遠の愛を王子様と誓うにはピッタリのブライダルリングです。

2. MILK & STRAWBERRY

タイトルに「苺」がつくだけあって、ピンクダイヤが散りばめられた指輪は、まさに女性が好みそうなデザイン。「~出会った頃の気持ちを永遠に~」~何十年経っても幸せになれる…魔法のリング~がコンセプトになっています。彼と出会った頃の“甘酸っぱい気持ち”を託したブライダルリング。これからの二人の未来も、この指輪のように、“華やか”で“明るく”あってほしいという願いも込められています。普段、ガーリーテイストなファッションや小物が好きな女性にはおススメ。人によっては、“派手”と捉えるかもしれませんが、一生に一度の結婚式!これくらい華やかなブライダルリングでもいいのでは?

3. ENUOVE

イノーヴェのブライダルラインは、“garden”。暖かい日差しが差す、おだやかなお庭をイメージして作られました。指輪には、「時を超える美しい光で、ふたりの絆を永遠に結びたい」という想いが込められています。まるで、これから二人が築く“家庭”を、“garden”と表したようですね。ほっとするようなコンセプトのブライダルリング「ENUOVE」は、商品紹介ページでもTOPで紹介されています。高級感だけでなく、重厚感もある指輪。二人が築き上げてきた愛を表現するにはピッタリかも。

4. Jupiter BLANTELIE

Jupiterのブライダルラインは、「ワタシ色」。真っ白なドレス纏う花嫁に、「繊細さ」「可憐さ」そして「個性」を与えたいというのが、コンセプトになっています。「強く生きる現代女性」が事細かに表現されており、純白なドレスに映えるデザインになっています。お値段はやや高めですが、スペシャルな瞬間が一層より輝きを増すでしょう。

5. Dessert

「笑ったり、泣いたり、喜んだり、怒ったり、信じたり、不安だったり…お腹いっぱい恋した二人へ、Dデザート」がコンセプトのブライダルリング。恋愛をしているからこそ感じられる「幸せ」もあれば、大好きだからこそ苦しくなる「不安」もあります。山あり谷ありを乗り越えて、ゴールにたどり着く二人は幸せに満ち溢れ、まさに“お腹いっぱい”の状態。そんな微笑ましいストーリーが隠されている、素敵なブライダルリングです。太めのデザインが個性的ですが、苦楽を共にした二人の愛を表現するには、これくらいが丁度良いかも。